基本情報

3D(立体)チョコレートとは?

立体チョコレートなんていうと何だろ?と思うかもですが…

日本には昔から「チョコエッグ=空洞の卵型チョコにオモチャが入ったもの」が有名ですが、要するにアレです!

チョコエッグ

 

基本的な3Dチョコ

3Dチョコ作りには専用のチョコ型がありますが、2つの型を組み合わせて内側を空洞にするのがベーシックです。

立体チョコレートの作り方

このチョコ型は日本人にとってやや大きく感じるサイズ感のものが多いです。

作り方はこの動画をご参考に…

 

 

人気のチョコボム

内側を空洞にしたチョコを作ったら、中にココアパウダーやマシュマロを入れる「 ホットチョコボム(hot chocolate bomb)」も人気が高まっています。

出来上がったチョコはカップに入れ、熱々のミルクを注ぐとチョコが溶け出し、中からマシュマロがポコッ!と浮き上がるのですが…

これは3Dチョコの作り方がベースになっています。

 

器になっているチョコ型

2つのパーツを重ねずに、流すだけで器になるチョコ型もあります。

工具のチョコレート

このチョコ型の特徴は、見ての通り「大量のチョコ」が必要。

器になるチョコレート型

 

組み立てて立体にするタイプ

内側を空洞に作らず、それぞれのパーツを組み立てて立体にするタイプもあります。

手作りお菓子の家(ヘクセンハウス)

立体組み立て型はこちら

TOP