夏のデザートに添えても可愛いココナッツチョコレートの作り方

ココナッツの実をパカッと割ったようなチョコは、内側にクリームを詰めてボンボンショコラにしてもいいし…

もっと大きく作って夏デザートの器にしても良いかもしれない。作り方はそれほど難しくないし、作業工程を流し見すればもっと上手にできるはずなので、ご参考まで❤︎

 

茶と白の、二重な半球チョコを作る

ココナッツの実をチョコレートで作るには、半球のチョコレート型を準備。

私は定番ベーシクで出番が多いし、作るときはより多く個数のとれる3Dチョコ型を長年愛用しているけど…

このココナッツの場合はお安い半球チョコ型を使っても大丈夫(=表面にわざと傷をつけるから艶のことを考えなくてもOK)

最初に茶色のベーシックなチョコを塗ります。

数個作る予定だったので、電子レンジが使えて、筆でのばして塗れるキャンディコートを使ってますが、テンパリングチョコレートでも作れます。

茶色いチョコが固まったら、白いチョコを重ね塗ります。

絞り袋でダーっと入れましたが、よく考えてみると、ココナッツって内側がゴツゴツしてるから、筆で塗ってもよかったかもしれない…

少ししたらチョコ型を逆さにして、中の余分なチョコを出してしまえば…

茶と白いチョコが2層になった半球になります。

はみ出したチョコはパレットナイフで取り除く (←2つをくっつけるので、接着部分は平らになってたほうがいい)

キャンディコートは「冷凍庫」で急速に冷やすと、チョコ型からはずれたとき、表面がつやつやなチョコになります♪

でも、ココナッツのときは艶々じゃなくても良いんだ…

 

半球を接着する

2つの半球をくっつけて、丸い球にするときは…

熱湯を入れた小さいボウルの上に…

熱伝導の良いバットをかぶせ、熱をつかって溶かしたもの同士をくっつける。

この方法以外に、レンチンOKの耐熱皿を1分ほど温めて、そのこもった熱を使って溶かすのもいい。

レンチンの簡単な方法は、このホットチョコレートボムの動画にあるのでご参考に。

 

 

表面にキズをつける

球体になったら、表面にココナッツらしい「傷」をつける。

フォークでもいいし、包丁でもいい。

わたしはこのピンクのミニスクレーパーがお気に入りなので、これでコショコショとやったよ。

 

温めたナイフで、カット

ココナッツっぽく見せるには、このカットは欠かせない!

温めた包丁で、チョコを溶かすように、やさしく…

ミニチュア好きとしてはたまらない、ちっこいココナッツができあがった🙌

 

出来上がったら…

球体なのでコロコロするので、砂浜に転がる風…  に、くだいたビスケットを敷いた上に置くも、よし!

丁度スキニーポッキーがあったので、チョコのない部分をポキっとおってさして…

ココナッツドリンクみたいなルックスに、周り女子から「ひゃぁー❤︎」と変な声が沸く可愛さ。笑

 

夏デザートの飾りにすると面白いかもしれない。

夏ならとくに、テンパリングチョコは扱いづらいので、電子レンジOKのキャンディコートを使って試して、ミニチュアの可愛さを存分に味わっていただけたら、と♪

TOP