手作りピーナッツバターカップの作り方 <home made peanut butter cups>

アメリカのチョコで一番よく食べたのは、Reese’s(リーシーズ)かもしれない。

Reese's

大昔、チョコ味がするリップクリームを販売していた縁もあって、アメリカへ行くと必ずこれを土産に買ってた頃がある。

hershe'sリップクリーム

どこでも何でも入手できる便利な時代に…

日本未発売のリーシーズはありがたく、周りの外国人や海外旅行好きな女子にウケがよくて助かったが…

今はもう、自分で簡単に作れる!

 

ピーナッツバターカップ用のチョコ型

私は常にルックス重視なので、まずはカタチから…

海外の手作り「Peanut Butter Cups」を検索してみてもわかるように、ほぼベーキングカップの同じカタチをしている。

ピーナッツバターカップの形

これはやはり、子供の頃からリーシーズを食べてるからなのかもねぇ。

 

お勧めの大きさは「90-5607」

海外の方はベーキングカップを使ったりしてデッかく作るけど、日本人にはヘビーすぎるので小さめに作るのが好き。90-5607 というチョコ型を愛用してる。

チョコ型90-5607

下動画も米国CK社のチョコ型を使用しているが、1枚で6個どり…

私が愛用してるのは8個。大差なさそうでいて、随分サイズが違うんだよ、これ…。

 

もっと小さく作るなら「90-5606」

一口でパクッと食べやすく作るなら、90-5606 が可愛いよ。

ピーナッツバターカップの小さいチョコ型

ただ、小さくなればなるほど細やかな作業が必要になるので、面倒くさがりには小さすぎるチョコ型は向かないと思う… ここは自分の性格とご相談を。

 

ピーナッツバターカップのレシピ

  • 電子レンジで溶かせる「キャンディコート
  • ピーナッツバター ←甘く無い粒が入ったものを使用

1)チョコ型へ、器のようにチョコを伸ばし固める
2)ピーナッツバターをドライヤーで温め柔らかくしてチョコへIN
3)チョコで蓋をして完成

下動画の前半に作り方が載っているので、見てみてください

 

終わりに…

子供の頃「外国の子供は、セロリにピーナッツバターを塗ったおやつを食べる」と聞いたとき、そんなオヤツは可哀想すぎると勝手に悲しいキモチにっていた。

個人的にピーナッツバターといえば、PBJ=Peanut Butter & Jelly Sandwich(ピーナッツバター・アンド・ジェリー・サンドイッチ)で、軽食には簡単で満足度が高い…

PBJ(ピーナッツバタージェリーサンドイッチ)

お菓子にも料理にも使いやすい食材なので、砂糖の少ないチャックのSKIPPYを常備している好きな食材…

是非、甘ぁーいミルクチョコ味とピーナッツバターの組み合わせは最高なので、まずは簡単なピーナッツバターカップを作ってみて欲しいッ❤︎

TOP